樹宴

19972
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

「樹宴」12号感想 石崎徹

2017/09/17 (Sun) 16:32:45

 ぼくのブログ「石崎徹の小説」に、「樹宴」12号の感想を書きました。独断的感想ですが、ご勘弁を。コメント歓迎します。(反論など)

脊椎管狭窄症の手術 - 大丘 忍

2017/09/07 (Thu) 19:39:20

私の患者には高齢者が多く、したがって専門は違いますが脊椎管狭窄症の方も居られます。手術を受けた方でも、良くなった人と全く変わらない人がありますので、手術をすれば必ず腰痛、下肢痛が改善するとは限りませんね。やってみなければわからないというのが実情でしょう。ブロック注などで少しでも改善すればそれが一番賢明かもしれませんね。

樹宴12号受け取りました - 大丘 忍

2017/08/30 (Wed) 21:30:07

ご苦労さんです。ありがとうございます。年々立派になりますね。

受け取りました 石崎徹

2017/09/03 (Sun) 11:19:42

 ありがとうございました。すべて読ませてもらいました。みなさんの作品を読ませていただいて、自分の書くものに何が足りないかということが少しわかったような気がします。
 また感想を書かせてもらうかもしれません。
 手術のご予定とかおありなので、無理は言えないのですが、10部ほど追加していただければと考えています。急ぎません。余裕の出来た時で結構です。費用とかお知らせください。石崎。

Re: 樹宴12号受け取りました - 木沼駿一?&◆miwaoqDlgA

2017/09/07 (Thu) 17:34:13

 今回手抜きをして、製本が今いちでした。
石崎さん、追加分にてはメールでお知らせします。
 脊柱管狭窄症ですが、神経ブロック注射をして
少し良くなりました。
 手術はもう少し、考えてみることにしました。
相変わらず、歩くと足が痺れて休憩を取らなくてはならないのですが、30分は歩けます。
 手術の後遺症が心配で、廻りの知り合いはやらない方がいいと言われています。
 時間がありますので、追加分は早くできるようにします。

「樹宴」12号の発送 - 木沼駿一?&◆miwaoqDlgA

2017/08/27 (Sun) 18:56:08

 プリント・製本が一部終わりましたので
暫時、発送します。
 大丘さんと、石崎さんは、先に間に合えば明日にでも
ゆうメールでお送りします。
 トナーとドラムの交換があり、他の方はしばらくおまちください。

「樹宴」12号の編集途中経過 - 木沼駿一郎

2017/08/04 (Fri) 09:28:33

「樹宴」12号の編集は次のようになっています。

誤診 大丘忍             14P
シェイプオブシングス S・T       5P
スプーン一杯のふしあわせ 石崎徹   36P
誰? 木沼駿一郎           32P
守屋陀舟                ?P

 以上です。来週早々にプリントしたものをお送りしますので
自分の分のみ推敲をお願いします。

Re: 原稿の件 - 守屋陀舟

2017/08/08 (Tue) 09:59:43

たいへん遅くなって申し訳ございません。
原稿、送りました。約90枚です。
よろしくお願いします。

現況について - 守屋陀舟

2017/07/29 (Sat) 08:50:51

御心配かけています。木沼様、手術とのことで大変ですね。
私は椎間板ヘルニアでブロック注射と痛み止めで、なんとか山場を越え、痛みは解消されつつあります。長時間でなければ歩けるようになってきました。狭心症のほうは、七種類ほど薬を飲んでおり、特に変わりはありません。
原稿のほうですが、後半にさしかかっており、申し訳ございませんがあとしばらく時間をいただければと。

Re: 現況について - 大丘 忍

2017/07/29 (Sat) 11:33:11

椎間板ヘルニアでの腰痛、大変ですね。無理をしないで頑張ってください。小説はマイペースで書きましょう。
連載になる場合には冒頭に前回までのあらすじを簡単に記載しておけば読みやすいと思いますがいかがでしょうか。

Re: 現況について - 守屋陀舟

2017/07/30 (Sun) 08:59:12

大丘さま
ありがとうございます。前号、前々号はある物語を考えていて、そのエピソード、パーツを原稿にしましたのでつながりがなく、かつ、未完成で、少し不親切でした。次に載せる場合はあらすじを載せたいと思いますが、実は続きの進行が遅く、今回は全く別の原稿を提出する予定で、中途半端になり申し訳ございません。なお、こちらも少し遅れていますが、がんばりたいと思います。宜しくお願いします。

樹宴の原稿 - 大丘 忍

2017/07/20 (Thu) 13:31:30

樹宴の原稿をメールの添付ファイルで送りました。上手く届いておればここでお知らせください。なにしろ、いつまで経ってもこのような操作は不慣れなもので。

Re: 樹宴の原稿 - 木沼駿一郎

2017/07/22 (Sat) 10:43:16

大丘様
 大丈夫。無事に変換できました。
 現在、原稿は
 大丘さま、石崎様のミステリーの第二回が集まっています。
わたしは、途中まで順調に進んだのですが、現在だらけています。とんでも小説になりそうです。
 kindleHDが半額で手に入り、無料の小説を寝る前に読んでいます。いや、これははまりますね。

文学フリマ参加について - 木沼駿一郎

2017/07/15 (Sat) 13:42:03

 東京の11月参加の締め切りは8月末です。
実は、開催日あたりに脊柱管狭窄症の手術になりそうです。
 現在、手術に向けて持病の糖尿病の血糖値を下げるべく努力しております。ヘモグロビンab1は7なので、少なくても6.5に下げなくてはなりません。それで禁酒して半月になりました。
 陀舟さんも体が不調で、歩行困難になっております。
 それで、残念ながら東京フリマの秋の参加はパスしたいと思います。
 「樹宴」12号は予定通り8月には発行したいと思っております。私は、半分ほど(20枚)は進みました。
 みなさん、進行状態はいかがですか。
 申し訳ありませんが、現況報告ということで……。

Re: 文学フリマ参加について - S.T(足立)

2017/07/17 (Mon) 21:44:35

ご無沙汰しております。
木沼さん、手術ですか。大変なことになっていますね。
守屋さんも歩くのが大変だとか。
お二人とも、ご無理なさらず早く良くなって下さい。暑いですし、何ならしばらくお休みにした方が良くないですか?
ところで私ですが、以前ここに書いた通り、創作はひとまず見切りをつけることにしました。そもそも才能もない素人にそうそう良いものが書けるはずもありません。才能のない分努力すれば良いのですが、集中できる状況にもありませんので、上のような結論に達した次第です。
その代わりというのも何ですが、今後は翻訳(英語作品の和訳)に特化しようと思います。
翻訳はまだ楽しいと思えますし、少しやる気さえ維持すれば、なんとか続けられるのではという気がします。多分下手な訳ですが。
ちなみに今回は、またカポーティの初期掌編を訳してみました。
シェイプ・オブ・シングス(1944年)です。
なにぶん掌編ですので、枚数は10数枚くらいにしかなりません。こればかりは、引き伸ばすわけにもいかないのでw。あと少しで終わります。
なお、創作ではないので、今後は筆名(足立)ではなく、本名のイニシャル(S.T)で行くことにします。
今後ともよろしくお願いします。
                                            S.T

Re: 文学フリマ参加について - 大丘 忍

2017/07/18 (Tue) 10:53:12

お互いに歳を取りますと色々の不調が出現しますね。これは仕方ないことで、それと上手につき合うということです。私は84歳になります。脊椎管狭窄による歩行障害はありませんが、おそらくそのためと思われる排尿、排便障害があり不自由しております。職場からは車で送り迎えをして貰い、毎日出勤しております。時間は有り余るほど有るのですが、新規の小説を書く元気はなくなりました。以前に書き溜めた小説が50編以上有りますので、それらを改稿してお茶を濁しております。
近日中に投稿予定の短編をお送りいたします。
とにかく転倒には注意してください。

ご健康お見舞い 石崎徹

2017/07/21 (Fri) 13:41:45

 苦労されていますね。ご同情申し上げるとともに、手術の成功を祈ります。「樹宴」は無理しないでください。個人的見解ですが、発行が遅れてもかまいません。ご健康のほうが大事です。体調の許す範囲でなさってください。
 ぼくにとっては長編の駄作を発表できる唯一の場所です。末永く続いてくれるように祈っています。

「樹宴」12号の発行 - 木沼駿一郎

2017/05/26 (Fri) 18:40:38

5月もまもなく終わり、来週から6月です。
私の近況は、脊柱管狭窄症が悪くなり、5分ほどで歩けなくなりました。自転車は大丈夫です。
 机にひがみついているのが悪いみたいですね。
 本を買いすぎました。ミステリは読まないで、もっぱら純文学系統の評論・小説を読んでおります。
 12号は、8月にでも発行したいと思いますが、どうでしょうか。私の方は、10枚ほど進みました。
 現在連載中の「笹島の奇妙なアルバイト」は、村上春樹に習って解決のない物語にするつもりです。
 そうすると、気分的に楽になりました。
 メールでお知らせしますが、6,7と2ヶ月ありますので12号は8月始めに締め切りにしたいと思います。
 力作をお願いします。

Re: 「樹宴」12号の発行 - 大丘 忍

2017/06/06 (Tue) 10:54:46

一応、締め切りは8月初めと考えていいんですね。

Re: 「樹宴」12号の発行 - 木沼駿一郎

2017/06/06 (Tue) 11:46:32

 大丘さま、ご無沙汰しております。
そうです。8月初めとして、8月中には発行したいと思っております。
 11,12号を持って、東京フリマに参加したいと思っております。

大丘作品への感想 石崎徹

2017/04/01 (Sat) 22:14:40

 ぼくのブログ「石崎徹の小説」のリンク欄に「サマルカンド」という項目があります。そこをクリックしてみてください。「ふくやま文学」の同人が書いた大丘作品への感想があります。最初のほうはかなり批判的ですが、気にしないでください。読者は人さまざまですから。終わりのほうで気に入ったところに触れています。そこだけ読んでください。

Re: 大丘作品への感想 - 大丘 忍

2017/05/23 (Tue) 21:36:36

大変遅れた返信ですが、サマルカンドを拝見しました。「鏡の中の女」の感想がありましたね。大変参考になりました。
ただ、女性から見れば、「ポルノ」に見えるのかなとやや意外な感じがしました。
もう一人の感想、鴨川に入っていくときの心理状態をもう少し具体的に書いたらどうかという意見はもっともだと思いました。
まじめな感想は大いに得るところがあります。ありがとうございました。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.