樹宴

17177
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

文学フリマ参加について - 木沼駿一郎

2017/07/15 (Sat) 13:42:03

 東京の11月参加の締め切りは8月末です。
実は、開催日あたりに脊柱管狭窄症の手術になりそうです。
 現在、手術に向けて持病の糖尿病の血糖値を下げるべく努力しております。ヘモグロビンab1は7なので、少なくても6.5に下げなくてはなりません。それで禁酒して半月になりました。
 陀舟さんも体が不調で、歩行困難になっております。
 それで、残念ながら東京フリマの秋の参加はパスしたいと思います。
 「樹宴」12号は予定通り8月には発行したいと思っております。私は、半分ほど(20枚)は進みました。
 みなさん、進行状態はいかがですか。
 申し訳ありませんが、現況報告ということで……。

Re: 文学フリマ参加について - S.T(足立)

2017/07/17 (Mon) 21:44:35

ご無沙汰しております。
木沼さん、手術ですか。大変なことになっていますね。
守屋さんも歩くのが大変だとか。
お二人とも、ご無理なさらず早く良くなって下さい。暑いですし、何ならしばらくお休みにした方が良くないですか?
ところで私ですが、以前ここに書いた通り、創作はひとまず見切りをつけることにしました。そもそも才能もない素人にそうそう良いものが書けるはずもありません。才能のない分努力すれば良いのですが、集中できる状況にもありませんので、上のような結論に達した次第です。
その代わりというのも何ですが、今後は翻訳(英語作品の和訳)に特化しようと思います。
翻訳はまだ楽しいと思えますし、少しやる気さえ維持すれば、なんとか続けられるのではという気がします。多分下手な訳ですが。
ちなみに今回は、またカポーティの初期掌編を訳してみました。
シェイプ・オブ・シングス(1944年)です。
なにぶん掌編ですので、枚数は10数枚くらいにしかなりません。こればかりは、引き伸ばすわけにもいかないのでw。あと少しで終わります。
なお、創作ではないので、今後は筆名(足立)ではなく、本名のイニシャル(S.T)で行くことにします。
今後ともよろしくお願いします。
                                            S.T

Re: 文学フリマ参加について - 大丘 忍

2017/07/18 (Tue) 10:53:12

お互いに歳を取りますと色々の不調が出現しますね。これは仕方ないことで、それと上手につき合うということです。私は84歳になります。脊椎管狭窄による歩行障害はありませんが、おそらくそのためと思われる排尿、排便障害があり不自由しております。職場からは車で送り迎えをして貰い、毎日出勤しております。時間は有り余るほど有るのですが、新規の小説を書く元気はなくなりました。以前に書き溜めた小説が50編以上有りますので、それらを改稿してお茶を濁しております。
近日中に投稿予定の短編をお送りいたします。
とにかく転倒には注意してください。

ご健康お見舞い 石崎徹

2017/07/21 (Fri) 13:41:45

 苦労されていますね。ご同情申し上げるとともに、手術の成功を祈ります。「樹宴」は無理しないでください。個人的見解ですが、発行が遅れてもかまいません。ご健康のほうが大事です。体調の許す範囲でなさってください。
 ぼくにとっては長編の駄作を発表できる唯一の場所です。末永く続いてくれるように祈っています。

樹宴の原稿 - 大丘 忍

2017/07/20 (Thu) 13:31:30

樹宴の原稿をメールの添付ファイルで送りました。上手く届いておればここでお知らせください。なにしろ、いつまで経ってもこのような操作は不慣れなもので。

「樹宴」12号の発行 - 木沼駿一郎

2017/05/26 (Fri) 18:40:38

5月もまもなく終わり、来週から6月です。
私の近況は、脊柱管狭窄症が悪くなり、5分ほどで歩けなくなりました。自転車は大丈夫です。
 机にひがみついているのが悪いみたいですね。
 本を買いすぎました。ミステリは読まないで、もっぱら純文学系統の評論・小説を読んでおります。
 12号は、8月にでも発行したいと思いますが、どうでしょうか。私の方は、10枚ほど進みました。
 現在連載中の「笹島の奇妙なアルバイト」は、村上春樹に習って解決のない物語にするつもりです。
 そうすると、気分的に楽になりました。
 メールでお知らせしますが、6,7と2ヶ月ありますので12号は8月始めに締め切りにしたいと思います。
 力作をお願いします。

Re: 「樹宴」12号の発行 - 大丘 忍

2017/06/06 (Tue) 10:54:46

一応、締め切りは8月初めと考えていいんですね。

Re: 「樹宴」12号の発行 - 木沼駿一郎

2017/06/06 (Tue) 11:46:32

 大丘さま、ご無沙汰しております。
そうです。8月初めとして、8月中には発行したいと思っております。
 11,12号を持って、東京フリマに参加したいと思っております。

大丘作品への感想 石崎徹

2017/04/01 (Sat) 22:14:40

 ぼくのブログ「石崎徹の小説」のリンク欄に「サマルカンド」という項目があります。そこをクリックしてみてください。「ふくやま文学」の同人が書いた大丘作品への感想があります。最初のほうはかなり批判的ですが、気にしないでください。読者は人さまざまですから。終わりのほうで気に入ったところに触れています。そこだけ読んでください。

Re: 大丘作品への感想 - 大丘 忍

2017/05/23 (Tue) 21:36:36

大変遅れた返信ですが、サマルカンドを拝見しました。「鏡の中の女」の感想がありましたね。大変参考になりました。
ただ、女性から見れば、「ポルノ」に見えるのかなとやや意外な感じがしました。
もう一人の感想、鴨川に入っていくときの心理状態をもう少し具体的に書いたらどうかという意見はもっともだと思いました。
まじめな感想は大いに得るところがあります。ありがとうございました。

夜釣りの会 大丘 忍

2017/02/25 (Sat) 10:27:40

木沼さん、春のフリマは逸しましたか。残念ですね。夜釣りの会は出店する予定だそうですから、暇があれば覗いてみてください。
夜釣りの会の夜釣り十六さん(伊藤万紀さん)は、昨年の太宰治賞受賞者で今年に五月ごろ受賞作「楽園」が単行本になって出版される予定です。また、雪のまち文学賞受賞、現在は女性のためのR-18文学賞の最終選考に残っており受賞待ちという状態です。
伊藤さんには「樹宴」のことは言ってありますから、もし住所がわかれば送ってあげたらよいと思います。
夜釣りの会は文字通り16人からスタートしましたが現在はもっと人数は増えております。同じ文学仲間ですから、親交を持つことは良いことだと思います。

樹宴頂きました - 大丘 忍

2017/02/21 (Tue) 21:15:05

樹宴11号を受け取りました。会費は週末に娘が帰ってきたら送金を頼みますのでしばらくお待ちください。
春の文学フリマに出すのですか?

「樹宴」受領 石崎徹

2017/02/22 (Wed) 09:56:30

 「樹宴」届きました。ありがとうございました。追加購入分についてはどうなっていますか。

Re: 樹宴頂きました - 木沼駿一郎

2017/02/22 (Wed) 10:58:52

 大丘様、春のフリマの申し込みは終わってしまいました。
次回に11,12号で東京例会に参加したいと思っております。
 夜釣り16さんの同人会にも送付した方が良いでしょうか。
 石崎様、現在製本中です。しばらく、今週中くらいお待ちください。送料は多分60サイズで済むと思います。

11号の発送 - 木沼駿一郎

2017/02/14 (Tue) 16:40:02

 現在プリントが終わって、これから製本に入ります。

今週中に終了して発送したいと思っております。
しばらくお待ちください。
いつも遅れて申し訳ありません。

Re: 11号の発送 大丘 忍

2017/02/16 (Thu) 10:37:14

頑張ってください。木沼さんの努力には感動しております。同人誌は3号まで続けば良しとされると聞いたことがありますが、11号まで(それ以上続くと思いますが)続いているのには木沼さんはじめ同人諸氏の頑張りによるもと思っております。

Re: 11号の発送 - 木沼駿一郎

2017/02/18 (Sat) 06:49:14

製本が終わりました。
月曜日には、発送します。
 長いことお待ち頂きました。
 すみません。

「樹宴」11号の発行 - 木沼駿一郎

2017/02/05 (Sun) 18:08:32

 11号は、120頁になります。
追加原稿、見直しをして貰っている原稿がありますが
終了次第印刷・製本に掛かります。
 今週中に終了して、来週初めには送付したいと計画しております。
 遅くなり、申し訳ありません。

11号原稿 - 木沼駿一郎

2017/01/19 (Thu) 13:03:23

 現在集まっている原稿は
1)大丘忍様 鏡の中の女 45枚
2)石崎徹様 スプーン一杯のしあわせ 連載の第一回 109枚
です。
 また、わたしの方の原稿が遅れそうです。

Re: 11号原稿 - 木沼駿一郎

2017/01/21 (Sat) 22:53:56

 失礼しました。
「スプーン一杯のふしあわせ」です。
 わたしの原稿、ようやっと15枚まできました。
今月いっぱい掛かりそうです。
 今月末原稿締め切り、その後、プリント製本という手順だと助かります。
 読み返すと、いやになりなかなかすすみません。
終わらなかったら、旧作で御茶を濁すか……。

Re: 11号原稿 - 木沼駿一郎

2017/01/26 (Thu) 09:33:59

足立武さん原稿

◇ 四月の町
◇ アメリカ人と日本映画
 
木沼駿一郎の原稿ようやっと30枚まできました。予定残り50枚、なんとか1月中に仕上げたい

Re: 11号原稿 - 木沼駿一郎

2017/02/05 (Sun) 09:48:28

 わたしの原稿「誰か」が終わらず
次号として53枚で区切ることにしました。
 これで、原稿が全部集まり、昨日から編集に入っております。
 途中で、経過などお知らせします。

11号原稿 - 守屋陀舟

2017/02/03 (Fri) 16:33:55

すいません。
わたしが一番遅れてしまったようです。
40枚弱、原稿送りました。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.